バツイチ再婚の現状

【国内100万人が利用する婚活マッチングサイト「match.com」】
人気の理由は会員登録無料で利用できるお手軽さ。
恋愛・結婚マッチングサイトの「match.com」なら写真付きプロフィールが無料で検索できます!
男性会員を見てみる
女性会員を見てみる

バツイチ再婚の現状

離婚しているカップルは【2分に1組】と言われています。

2分に1組がバツイチとなるということでしょうか。

以前から離婚するカップルの増加は知ってしましたが、2分に1組が離婚しているとはちょっとビックリですよね。

でも、確かにそう言えば私の周囲にも離婚経験者のバツイチの人がチラホラいます。

それもそのはずで統計を調べると1947年以降年々離婚件数が上がっているのだそうです。

しかも離婚件数は増え続ける中、逆に結婚件数は減ってきているというのが現状なのです。

1970年には婚姻件数は100万件を超えていたのですが、2005年には約71万件まで減ったのです。

30歳を過ぎても未婚の人って今じゃ珍しくないですよね。

20代前半でバツイチという人も珍しくありませんが・・・。

離婚経験者と未婚が増えてるってことは・・・

12-01.jpg

結婚している人がどんどん少なくなってるということなのかなぁ~って思ったら、ちょっと良い発見が。

結婚を再婚に絞ってみてみると状況は全く違うということに気付いたのでした。

男性か女性のどちらか、あるいは双方とも再婚という組み合わせの婚姻率が上がっているのです。

しかもここ最近一気に増えているみたいなんですよ。

婚姻全体の中での再婚構成比を比率で見ると

  • 1995年=18.4%
  • 2000年=21%
  • 2005年=34.3%

という伸び率を示しています。
*データ出典:厚生労働省人口動態統計年報

特に2000年以降の再婚は比較すると2倍近い伸び率ですね。

2005年では結婚したカップルのうちなんと34.3%のカップルがどちらかあるいは双方が再婚というデータなのです。

バツイチになる人も多ければ再婚する人もそれだけ増えてきているということです。

それだけ再婚バツイチに対する意識が昔とは違ってきているんでしょうね。

確かに再婚って珍しくもなんともないし、私の周囲の離婚経験者もバツイチ再婚で幸せになっている人がたくさんいるし。


でも現実的には、なかなか出会いがなくて・・・って悩む人も多いようで・・・。


確かに離婚経験があるっていうことを初めから知ってくれている人ならいいですけど、それを言うのもちょっと言い出しにくいかもしれませんね。


私の周囲の再婚経験者は「離婚経験」をマイナスと考えずに自然体で口に出して言う人が多いです。


まあ隠す必要もなければ、隠しきれるものでもないですしね。


それに最近では再婚専門で紹介してくれる結婚相談所のサービスもあって、それを利用している人も多いです。


結婚相談所ならばお金は掛かるけど、その分相手の素性もハッキリしているし、こちらが離婚経験があるってことも分かったうえで会うわけだから、やっぱり安心できるんだそうです。


再婚専門の結婚相談所についてはこちらのページにもうちょっと詳しく書いてあるから読んでみてください。


再婚した人ってやっぱり何らかの行動を起こしているから幸せが掴めています。


あなたも是非その一歩を踏み出してください。


最後に一つ。その一歩は今すぐ踏み出すことをオススメします。また、深い悩みにハマってしまっては動けなくなりますから。勇気を持ってくださいね。


バツイチ再婚NET再婚カテゴリー

再婚の現状

再婚への準備

再婚相手

参考サイト

子連れ再婚

バツイチ再婚NETPick Up!

再婚する時って相手も再婚!?

再婚する時って相手も再婚の人なのでしょうか?それとも初婚の人? こういうのも気に...

子連れ再婚の結婚相談所利用

再婚専門の結婚相談所があることはご存知の方が多いでしょう。 結婚相談の需要が急速...

バツイチ再婚の結婚相談所の利用

再婚したいと思って結婚相談所を利用する人が増えています。 結婚相談所を利用する人...

再婚への準備

再婚したいと思うあなたの素直な気持ちを引き止める理由はたくさんあります。 1、バ...

【結婚情報ニュース】



バツイチの真面目な出会い

国内100万人の会員が登録する最大級の恋愛マッチサイト。


真面目な出会い・真剣な出会い国内100万人が利用するマッチングサイトで恋人候補をみつけよう!

バツイチ再婚NET更新履歴

この記事のカテゴリーは「参考サイト」です。

この記事のカテゴリーは「再婚の現状」です。

この記事のカテゴリーは「再婚の現状」です。

この記事のカテゴリーは「参考サイト」です。